岐阜県揖斐郡のアレルギー科・消化器科なら長瀬診療所

〒501-1303 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲長瀬1510
TEL 0585-56-3003
花粉症満足してますか

 

訪問診療のご案内

 

胃カメラ検査のご提案

 

患者様の声・推薦状

 

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
私たちは医療を通し、皆様が笑顔になるためのお手伝いをいたします。 岐阜市・大垣市など西濃地域、さらに遠方からの患者様にも喜んでいただいております。

 

医院紹介

ようこそ 長瀬診療所ホームページへおこしくださいました。



岐阜県揖斐郡のアレルギー科、消化器科の長瀬診療所です。
長瀬診療所は、谷汲山で有名な岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲に位置し、
アユ釣りで人気のある根尾川のほとりでもあります。自然豊かな山間部に
位置する診療所ではありますが、都市部に負けない医療を提供し、
山村ならではの心のこもった医療を行いたいと思っています。

お知らせ
2月と3月は、木曜日午後と土曜日の午後も診療いたします。なお、
今年から4月は、通常の月と同様に、木曜日と土曜日の午後は休診
とさせていただきます。ご了承ください。



 

日本アレルギー学会によるアレルギー専門医です。

アレルギー専門医として、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患
に苦しむ人のために、少しでもお役立てできるよう、微力ではありますが、
頑張りたいと思っております。よろしくお願いいたします。


 

今年、新しい花粉症治療薬が2種類加わりました。


いずれも、眠気が少なく、車の運転に支障がなく、効果も期待できるお薬です。
これまで以上に、花粉症の薬の選択が豊富になりました。



 

日本消化器内視鏡学会認定、内視鏡専門医です。


消化器内視鏡専門医として、胃がんを早期に発見し、少しでも多くの人を救えることを願っています。
当診療所では、連日、胃カメラ検査(内視鏡)を行っております。

最新で細径の経鼻内視鏡を備え、少しでも、苦しくない内視鏡検査になるよう種々工夫を重ねています。



内視鏡(胃カメラ)が2000例に達しました。

当診療所で内視鏡検査(胃カメラ)を受けられた方が、のべ2000人を超えました。
多くの患者さんが当診療所での検査を選択していただき、ありがとうございます。
95%の方が鼻からの内視鏡(経鼻内視鏡)を行っています。これからも、できるだけ
苦しくない内視鏡検査を目指して頑張りますので、引き続きよろしくお願いします。

新型の内視鏡を29年3月1日より導入しました。

これまでよりより鮮明な画像で、より微細な病変まで観察できるように
なりました。これからもより早期に、小さな胃がん等を発見できるよう
頑張りたいと思います。 

外観

 

当院概略

医院名 長瀬診療所
診療科目 内科,アレルギー科,消化器科,小児科
診療内容 花粉症,消化器 在宅診療
診療予約 予約診療を、受け付けております。診療の予約を希望される方は、お電話(0585-56-3003)で、お願いいたします。
所在地 〒501-1303

岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲長瀬1510
電話・FAX 0585-56-3003
連絡方法 お電話にてお問い合わせください。

※お使いのブラウザのバージョンによっては
地図の表示に不具合が出る可能性がございます。
ブラウザを最新にするかこちらの地図をご覧ください。

 

診療時間

診療時間
8:30~12:00
15:30~18:00


【休診日】木曜午後、土曜午後、日曜・祝日
2月~3月のみ木曜、土曜の午後も診療します。
2月~3月は大変混雑いたします。水曜日の午後・木曜日の午後は、比較的すいております。

 



花粉症のつらい鼻水・鼻づまり・目のかゆみ 何とかしたいものですね。

毎年、春になると鼻水が滝のようにながれ、鼻が詰まり、苦しくて夜も眠れない、仕事にも支障がある方、大変ですね。
 


長瀬診療所では、これらの症状を少しでも早く改善させ、快適な日常生活を送れるように、各種治療法を準備しています。

ただ単に、アレルギー薬を処方するのではなく、患者さんの症状と希望に合わせた治療方を選択しています。

少しでも 早く症状を鎮めたい

★眠気などの 副作用がない治療をしたい

★症状を発症しないように 予防したい

★花粉症の 根治療法をしたい





など、それぞれ患者さんの希望に応じて、治療法を選択しております。

中でも、お勧めなのは、症状が出現する前に、発症を予防する治療をお勧めしています。

 

スギ花粉症に対する舌下療法をおこなっています!!

花粉症の根治療法として期待されている舌下療法が、一昨年より始まりました。
舌下療法は、国がさだめた基準を満たした医療機関でのみ、行うことが可能です。

当診療所においては、基準を満たしており、舌下療法をおこなっております。

ただ、舌下療法を行うにあたっては、患者様に確認する点が多数あります。

舌下療法にご興味がある方は、できる限り当診療所に予約のうえ、受診してください。

なお、舌下療法を開始できるのは、毎年6月から11月頃です。 スギ花粉飛散中・前後は、開始することができません。



舌下療法の実際
 

スギ花粉症の患者様において、少量のスギを舌下に毎日投与し、スギ花粉に対するアレルギー反応をなくすか、軽減することを目標に行う治療法です。

およそ3年間・毎日治療を続ける必要があります。


 

舌下療法の注意点

基本的に、スギ花粉に対するの舌下療法のため、スギ以外の物質にアレルギー反応が強い人は、効果が期待できません。

アレルギー反応の副作用が起こることがありますので、副作用と対策を、しっかりと理解していただく必要があります。

 

携帯型の超音波装置を、導入しました。

GE社製の携帯型超音波装置を、このたび導入しました。往診先での使用はもちろん、通常の診察においても、聴診器代わりに使用できます。
腹部や皮膚の下にある、ちょっとしたしこりなど、わずかに気になる部分にも、簡単に当てるだけで、皮膚の下の部分を観察することができます。
何か気になる部分がある方は、診察のついでにお申し付けください。

 

内視鏡(咽頭 喉頭用)を、導入しました。

従来の経鼻内視鏡(胃・食道用)に加え、より細く、のどや鼻の奥を観察できる内視鏡を導入しました。花粉症などで、のどの違和感のある患者様にも、適宜観察を行うことが可能です。のどの異常がある方は、御遠慮なく、お申し出ください。

 

ピロリ菌について

平成25年2月より、慢性胃炎においてもピロリ菌の除菌が、保険適応となりました。当診療所においても、ピロリ菌の除菌を行っております。
ピロリ菌は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、さらに胃がんの原因ともされるため、有菌者には、除菌が望ましいとされています。昨年までは、除菌の適応が潰瘍の患者様に限られていましたが、本年の2月より、慢性胃炎の方においても除菌が、保険でできるようになりました。ただし、条件として、内視鏡で慢性胃炎の確認が必要とされています。そのため、ピロリ菌の有無をチェックするには、内視鏡を行う必要があります。詳しいことは、お問い合わせください。

 

診療時間について

2月・3月は、混雑のため、日曜日を除く毎日、午前・午後とも診療を行います。
(木曜日午後と土曜日午後も診療します)
午前の診療は、8時30分より11時45分、午後の診療は、3時30分より6時までです。

 

 

予防接種について お知らせ

肺炎の球菌ワクチン(成人用)について

小児用とは別に、高齢者・免疫不全者を対象にした肺炎球菌ワクチンがあります。この予防接種で、肺炎に対する予防がある程度できるとされています。
平成23年10月より、この肺炎球菌ワクチンが、定期接種化されました。今年度の対象の方は、65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳の方です。これらの方は、3,000円の負担で接種できます。ただし、これ以外の年齢の方も、揖斐川町在住の方は、一部負担金補助制度があり、65歳以上の方は、4,500円の負担接種可能です。ご希望の方は、ご予約ください。