岐阜県揖斐郡のアレルギー科・消化器科なら長瀬診療所

〒501-1303 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲長瀬1510
TEL 0585-56-3003
花粉症満足してますか

 

訪問診療のご案内

 

胃カメラ検査のご提案

 

患者様の声・推薦状

 

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

胃カメラ検査のご提案

胃カメラ検査は苦しい!

そうです。決して楽な検査ではありません。それならば、少しでも楽に飲みたいと思いませんか。

長瀬診療所の胃カメラは、違いがあります。
診療設備5

 

長瀬診療所では、細い内視鏡を使用しています

現在、通常の胃カメラは、直径が10mm以上あり、のどの違和感や挿入中の不快感は、かなりあります。しかし最近の技術進歩により、細くて、画像も鮮明な内視鏡装置が開発されてきました。

長瀬診療所では、この最新の細い内視鏡(直径5.9mm)を導入しました。この細い内視鏡により、挿入中の苦痛がかなり軽減されるとともには、従来は口からのみ行われていた胃カメラ検査を、鼻から行うことも可能となりました。

 

長瀬診療所では、鼻から内視鏡が可能です

鼻から内視鏡を行う利点は、挿入するときの、「おぇっ!」とくる咽頭反射を抑えられることです。内視鏡時の気持ち悪さは、咽頭を内視鏡が通過することによる咽頭反射が大きな原因と考えられています。鼻から挿入することにより、この反射が抑えられ、不快感がかなり軽減されます。

欠点としては、まれに鼻出血をきたすことがあることと、ときに非常に鼻腔がせまく、挿入が困難な人がみえることです。長瀬診療所では、口から行うことも、鼻から行うこともどちらでも可能です。

 

長瀬診療所では、経験豊富な内視鏡専門医が施行します

院長は、初めて内視鏡を握って以来20年、これまでに7000人以上の方々に内視鏡検査を行ってきました。日本消化器科内視鏡学会認定の専門医でもあります。多数例の経験から、内視鏡を楽に行うための細かい工夫を随所に行っています。以前に内視鏡を行って苦しかった方は、一度当院で試してみていかがでしょうか。